ミチコ堂のブログです


by michikodo

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ:わんにゃんず( 222 )

大ちゃん

今日、大ちゃんに2回目の駆虫剤を猫缶に混ぜました。
薬は錠剤なので包丁で粉々にして絶対に食べきる量の猫缶に混ぜます。
完食を確認してからドライフードを追加。

念には念を。

夜はグレイとまるちゃんと花ちゃんが一緒に二階にあがります。
グレイは枕元。10キロのまるちゃんは私によりかかり。花ちゃんは足元付近。
ベッドがシングルサイズなのでほとんど占領されて私はいつも半分しか使えない状態です。

大ちゃんは灯りが消えるまでカーテンの中に隠れていますが消灯してしばらくすると部屋に出てきてウロウロ部屋を歩き回ります。
何週も。何のために回っているのか。

私は少しの物音でも目が覚めてしまう性分なので毎日夜も何度も目が覚めます。
夕べ何気なくベッドの上を見るとグレイとまるちゃんと花ちゃんだけのはずが暗がりにもうひとつの影が・・・。

何ということか大ちゃんが足元あたりにいるではありませんか。

大きく動くと逃げてしまうのでなるべく動かないように寝ることになり右半分は朝までほとんど布団からはみ出ていましたが感激の夜でした。

目を合わせただけで「シャー!」と威嚇したりカーテンの中に隠れて出て来ない状態でしたがほんの少しずつ家猫になって来ました。

早く1階でみんなと過ごせるようになればいいなと思います。

d0229501_19505727.jpg



by michikodo | 2019-02-10 20:22 | わんにゃんず | Comments(0)

ひかりに

朝はいっとき陽がさしていたのにほとんど雪の1日になり「冬だ~」と降る雪を眺めていました。

12月に去勢手術をした小ちゃんの2回目の駆虫をしました。特に症状があったわけではありませんが念のため。
ついでに1月11日に去勢手術を済ませたゴンちゃんの分も薬を買って来ました。
足の具合が悪いゴンちゃんはまだケージ暮らし。ケージの中で固まっているためもし部屋にフリーになってから捕まらなければブロードラインをすることが出来なくなります。
それが心配なのでケージの中にいるうちに2回目の薬を出来ればと思っています。

少しずつケアが進んでいます。

今日はひかりのためにお二人がお参りに来てくださいました。
家族にとってはついこの間の出来事ですが他人にとっては放っておいてもいい事なのに「ひかりちゃんに」と言って貰えることが本当に嬉しい日になりました。
「ひかり」と呼び捨てでないのがいいですね。呼び捨ては嫌なものです。
荼毘にふして早や1ケ月。早いです。
今日わざわざお参りに来ていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。

d0229501_17304085.jpg

夕方になってから猫トイレ用のチップを買いにホームセンターへ。
花コーナーを見ていたら珍しい水仙を見つけたので購入。
名前はモノフイラス。
とても可憐な花びらが目を惹きました。
d0229501_17303312.jpg

今日は去年の春に山から採ってきたワラビを食べました。
今年は行けるかどうかわかりませんので山を思い出してのご馳走です。
d0229501_17304717.jpg

ひかりが居なくなっても猫たちの世話でいつも慌ただしいのですが広くなった玄関を見るとひかりが居なくなったことを実感します



by michikodo | 2019-01-23 19:51 | わんにゃんず | Comments(0)

花ちゃんとゴンちゃん

シンビジウムが咲いて来ました。
春からの肥料やりや日当たり加減などに手間をかけてきた甲斐があります。
d0229501_18542098.jpg
端切れ布を利用した小さなカーテン。小さな布も繋げば大きな布に変わるのでそこが面白いところです。
d0229501_18542522.jpg
ラスト猫のゴンちゃんを今日はみんなのいる居間に引っ越しさせました。
ゴンちゃんが入っているケージごと持ち運ぶのは大変ですが少しでもいい環境に置いてあげたくて頑張りました。

今日初めて猫ベッドから出ているところも見ることが出来ました。
私に見られたので一瞬固まっていましたがゆっくりベッドに移る様子からやはり足の具合が良くない感じがします。
みんなと一緒に追いかけっこが出来なくてもゆっくり過ごせるくらいに元気になってくれればいいのですが。
他のみんなも何か感じるのかケージの周りで様子を見るだけで威嚇もしないので助かりました。

d0229501_18541699.jpg
ひとつ問題をクリアすればまたひとつ問題発生。

花ちゃんが元気がありません。
いつも軟便なのも気になります。今朝はお風呂場に連れていきお尻を洗ってやりました。
明日、また検便をしてもらいます。
予約出来れば診察。
d0229501_18541192.jpg

by michikodo | 2019-01-16 19:30 | わんにゃんず | Comments(0)

祝日

以前は成人の日と言えば1月15日と決まっていたのにややこしい設定になったものです。
午後からお天気がいいのでひかりと散歩で歩いたいつものコースを歩いて来ました。毎日朝夕ここを歩いていたんだなぁとしみじみ。
ひかりがいるから歩いていたようなもの。毎日よく歩いていたと感じながらの散歩でした。

今日は2階の部屋と1階の居間をオープンにし大ちゃんとその他先輩猫たちの交流をさせました。
どうなることかと少々心配でしたがいつまでも大ちゃんを2階に隔離しておくわけにもいきません。
みんな恐る恐る大ちゃんのいる部屋の臭いを感じ取り点検開始。
キジトラの小ちゃんが一番大ちゃんを気に入ったようで離れませんでした。
まるでお世話係りのようです。

大ちゃんにとっても刺激的な1日になったと思います。
カーテンの中にいつも隠れていますが今日は暖かくてこんな風にリラックスしていたようです。
d0229501_19125177.jpg
一歩も二歩も前進した日になりました。

ラスト猫のゴンちゃんはケージから全くでる気配がなく心配しています。
足が相当に痛いのか。
捕まえられて気持ちが落ち込んでいるのか。

猫ベッドから出るということも無くひたすら寝ています。

大丈夫か?

そこでケージの増設をしました。狭いなりにも二部屋です。
手前のトイレまで少し歩く仕様です。
歩くところを見たいものですがま保護してからはまだ一度も歩いているところを見ていません。
足が心配です。
d0229501_19125839.jpg
こういう状況なので今度のショップはお休みします。

今日はエコバッグを2枚縫いました。
冬ものは撤去。
品物は少ないですがお値下げ価格にて販売いたします。
猫がいても平気という方はお越しください。

d0229501_19130494.jpg
d0229501_19131682.jpg
d0229501_19131252.jpg


by michikodo | 2019-01-14 19:39 | わんにゃんず | Comments(0)

小春日和

大ちゃんの去勢手術後リリースして3ケ月。ブロードラインをしているとは言えちょっと心配でしたので今日は検便をしました。
お蔭様で結果は良。
良かったです。

2階にいる大ちゃんに毎度声をかけたり顔を見たりしないように完全無視を装っています。
いつもカーテンの中に潜んでこちらの気配を伺っているというのが手にとるようにわかります。
覗きたいけど覗かない。

何かと2階の部屋に用事があるので度々入ります。
今日はカーテンのところから顔をのぞかせこちらを見ているのがわかりました。
大きな進歩です。
それでもしっかり顔を見たり声をかけたりはしません。
向こうから態度を変えてくるのを待っています。
少しずつ軟化しています。

トイレもときどき使っています。
大ちゃんのために3個もトイレを並べているのでぜひ使ってほしいものです。

本当にいいお天気で家の中にいるのは勿体無いような日でしたが出来るような外作業が無かったのが残念。
そこで真綿の半纏をリメイクしてみました。
リメイクと言っても袖を取っただけですが。

夫の母親が夫に縫ってくれた半纏。中は真綿、裏地は絹なので軽くて暖かいです。
私のもあるのでまた後日袖を取ってみようと思います。

d0229501_17215795.jpg
今日はまた庭にお初の猫さんが来ました。
いるもんですね・・・。
ミルクティーのような茶色ちゃんです。
d0229501_17220340.jpg
今度の土曜日はいよいよ新年会。
外反母趾で慣れないヒールの高い靴で7・8時間も会場で立っているのは無理だなぁと思い柔らかいナースサンダルを買って来ました。
若い人たちはみんなドレスアップして会場入りしますが私は超裏方なので無理はしないことにします。



by michikodo | 2019-01-13 18:02 | わんにゃんず | Comments(0)

ラスト猫

ビッコをひいて歩く猫がやって来てやむを得ず保護。
10日あまりの養生期間を終え無事去勢手術を終えました。
アメショーとトラが混じった柄です。

手術の際に撮ってもらったレントゲン検査の結果では左の後足の骨の接合部に小さなかけらのようなものが見えるということでした。交通事故にでもあったものか。
その痛みをかばうためビッコになっているか関節炎になっているかということ。
骨のかけらが体内で悪さをしないことを願っています。
それから猫の腰の骨は普通7個から出来ているということですがひとつ少ない6個しかないということです。生まれながらのもでしょうと。
顔には傷があり若干陥没のため消毒。

今回お願いした病院では野良ちゃんの手術の際の耳掃除や爪切りや消毒などにかかった費用は無料にしてくださいます。
野良ちゃんの保護だから要らないですよと。有難いです。

外暮らしが長かったようで駆虫も時間がかかりそうな予感がします。
皆とは別のエリアで今はケージ暮らし。出ておいでと言っても中々ケージから出て来る勇気はまだなさそうです。

どれくらい痛いのか理解出来ませんが安静が一番と見守っているところです。
これで私の出来る野良猫の保護は終了としたいと思います。

名前はゴンちゃんとしました。

d0229501_08034030.jpg




by michikodo | 2019-01-12 08:41 | わんにゃんず | Comments(0)

新しい年に

あっという間に正月休みもあと1日。
私の新年は大学駅伝を見ることから始まります。

膝の故障のために今年はロードヒーティングを使うようにしていますが幸い今のところ雪が少なくて助かります。
年末の仕事は12/29だったのに会社の仕事納め式が30日だからと通達。
気持ちはすでに休みモードになっているのに午後3時からの終礼式だけ出席することになり何だか1日休みが減ったような感じになってしまいました。

それにそんな時帰りに事務所に飾るお供え餅を渡されても・・・。
段取りは大事です。

終礼式に出るまで時間があったので大根と人参を刻んだ紅白の酢の物用と春に採ったワラビの塩漬けを出して少しずつ同僚にお土産に持って行きました。
正月の一品に加わればいいかなと思って。

暮れになりりょうさんとひかりの見送りという予期しない出来事が次から次へと起こり何から記録しておけばいいのか整理出来ていない部分もありますが後々のために書き記しておこうと思います。

9月に去勢手術をしリリースした大ちゃん。その後もご飯を食べに来ていたのですがそっくりのキジトラが現れ、場を失いずっと来なくなっていました。
痩せたトラ猫がいると聞けば大ちゃんじゃないかと心配していました。
キジトラも手術をすれば喧嘩も起きないし何とかしないとと考えていたところ大雪の日にそのキジトラがやって来て玄関から入って来ました。まだひかりが居たころでしたが弱弱しく寝ているひかりだったので存在に気づかなかったかも。

手術のチャンスがやって来たと思いそのまま誘い入れしばらく洗面所へ居所を用意。
無事去勢手術も終了。

キジトラが居ないというのが大ちゃんに分かったのかある日突然庭で待機しているのを発見。
その日は玄関に誘導しご飯を。

こうして心配しているよりはいっそ家猫にした方がいいのでないかと悩み。
イカの焼いたものを吊り下げ、缶詰・カリカリ・マタタビの粉などを捕獲器の中に用意しバスタオルで大方覆った状態で外の小屋の中にセット。
朝に一度来たので翌日までもう来ないなと思いながら小屋に様子を見に行くとすでに入っていました。

臆病な大ちゃんなのできっと触ることなどできないでしょう。
でも外にいるよりはマシ。

声をかけると大きな目を目いっぱい開けて私を見ますがそのうち慣れるでしょう。

駐車場に止めて置いた私の車にオジサンが縦列駐車をしてその時にがっつりぶっつけてくれたという残念な今年の初夢でした。

でも元旦に来た大ちゃん。何かいいこともあるかもしれません。
いい顔なのに今はまだ顔を見せたくないそうです。
d0229501_18070122.jpg
そして大ちゃんを追いやったキジトラの小ちゃん。
そっくりですが小ちゃんの方が口元に黒い毛が沢山あります。
d0229501_18070845.jpg
一先ず心配事は解決。

それから今までやったことのないラリーキルトというものに挑戦しています。
インドの女性たちが考案したという技法で幾重にも古布を重ねてその上に刺し子をすることで丈夫な布になり後世まで使われるモノに生まれ変わるというラリーキルト。
今までパッチワーク教室に通っていて感じていた違和感がスッキリです。
大草原の小さな家のような時代の貧しい人々がボロになった洋服の端切れを繋いで縫って別のものに仕立て上げるというのが本来のパッチワークキルトではないかと思っていたのです。
モノを大事にする。勿体無いという気持ちを形にしたい。
着古したブラウスや着物などが宝の山に見えます。

今回は最初なので小さめのバッグを作ろうと思います。縫う糸も刺繍糸やレース糸など何でもいいのですから気持ちもラク。
ミシンでさっさと繋いであとはチクチク縫う。針目がそろわなくてもそれが味わいというところも私に合いそうです。

d0229501_18065596.jpg
毛糸編みもそろそろ飽きてきたところにラリーキルトという新しいものに出会えてリフレッシュ出来そうです。

by michikodo | 2019-01-02 19:28 | わんにゃんず | Comments(0)

お花

ひかりのためにお花を沢山頂きました。
ケーキまで届きました。クリスマスには一緒にケーキを食べる予定だったのにね。間に合いませんでした。
ありがとうございました。

朝一にひかりの状態を確認したり流動食の準備やおしっこシートのチェックなどが最優先だった最近。
今は夫にお線香をあげる時にりょうさんとひかりにも朝のあいさつをしています。

d0229501_08331432.jpg
d0229501_08330468.jpg
d0229501_08330940.jpg
d0229501_08331913.jpg
玄関のひかり用のサークルも解体してタイルもブラシをかけ水洗いしたので新年を迎える風になりました。
小さな心臓が止まり肉体が無くなることを何度も経験してきました。
巡り合った子たちの世話をすることでもらった色々は語りつくすことが出来ないほどあります。
悲しみも伴いますがこれでいいのだと思う生き方だと思っています。



by michikodo | 2018-12-25 08:53 | わんにゃんず | Comments(0)

ひかり

2018.12.22 早朝にひかりが亡くなりました。
春に10㎏の体重だったのが今日の計測では6.4㎏。

平成16年12月23日に七曲工業団地に捨てられ放浪していたひかりを保護し我が家の家族に迎えました。
中々ぴったりの名前が決まらず紅白歌合戦を見ながら夫と二人であれこれ考えたものです。
当時、夫が好きな芸能人のひとりに西田ひかるさんがいて「可愛いよね。」ということになり「ひかり」に決定。
半年以上も外で自由に走り回っていたのですから当初は大変でした。
下駄箱の縁はかじる、夫のサンダルはかじる。

幼少のころに感じた恐怖や危機感などのせいか成犬になってからもどこかにその感情があるようで何となく無邪気さが少ない。
捨てられていつご飯にありつけるかご飯がもらえても十分ではなかったでしょう。
あちこちの企業の犬好きさんから恵んでもらっていたのでしたから。

去年の夏ころに散歩の途中にある段差につまづくようになり将来やってくる介護のために玄関の中にサークルを設置。
その時に長年使って来た下駄箱も処分。
一人分の履物の整理くらいなんとでもなるので下駄箱を捨てるのはカンタン。

徐々に耳も聞こえてないような状態になり静かに老化が進行。
夜に玄関の中に入れると吠え止まらなくなるので外の清々しい空気のところにいたいのかなと思い外に繋ぎこの夏は夜も玄関には入らず犬小屋で過ごしてきました。
そのうち夜なきが始まりご近所迷惑になったら大変だと深夜2時・3時に散歩で歩くようになりました。
白々明けてくる時間帯まで町内を歩いてひかりの気を紛らす。
会うのは新聞配達の人だけ。
ある朝その新聞配達のおじさんに腰のあたりを触られてしまいこの年齢ではありますが恐怖でした。

そのうち繋いでいるチェーンが足に絡んでうまく自分で解くことが出来なくなって時々動けなくなるように。
以前に飼っていた犬もチェーンがからみ大変なことになったことがあったので早めにひかりの対策を。

犬小屋に棟続きで風除室を準備したのが今年の9月。
タキロン仕様ですが大工さんに頼んだのでしっかりした出来栄えになりその中で繋がれることなくフリーで過ごすことになり一安心。
風除室を使ったのはわずか一か月ほど。そのうち夜玄関のサークルに入っても吠えなくなりそこで朝まで寝てくれるようになりました。

下痢が止まらず薬で対応してきましたがヒルズの消化器ケアが軟便に効くというので変更。
すぐに下痢は止まり1㎏のフードはあっという間に完食。
じゃ今度は3㎏入りを注文したのもののフードが届いたその日から急に具合が悪くなり食べることが出来なくなりました。ミキサーで粉にしお湯を混ぜてドロドロにしてシリンジで飲ませる毎日に。
口直しに飲む水やお湯はごくごくと飲んでくれたので口の中はスッキリ出来たでしょう。

段々その僅かな流動食すら飲めなくなりいよいよひかりの最後が近いと感じました。
21日はお昼休みを利用して一度会社から戻りひかりを確認。その日はいいお天気で玄関の中は日があたり温かくすやすやと眠っていました。
それでも最期が近いという感はあったので夜はずっとそばで様子見。
頭をなでたり手を握ったり。それくらいしかできないものです。

玄関に新聞紙を敷いてそこに簡易の寝床を準備してコートを着て私はひかりの横に寝ることにしました。玄関に寝るなんて私くらいでしょう。
ひかりの手を握りひかりの呼吸の音を聞きながら。呼吸も乱れずにいるのが聞こえてくる。11時ころ大丈夫だなと思い少しベッドで寝てくるかと離れました。
次に様子を見にひかりのそばに行ったときには既に息を引き取っていてやはりあのままそばに居るべきだったと後悔。
おしっこをしてもウンチをしても鳴いて知らせていたのに最期の時には一言も言わずに逝った。

最期を見てあげることが出来なかったこと。ごめんねと謝るしかない。

最後は下痢もしたし口元も少し汚れていたのでお風呂場に抱いていき洗ってやりドライヤーで乾かしブラシを入れたので綺麗にふかふかに。
口元が少し傷ついていたけれど穏やかな顔になっていました。

もっとしてあげることがあったのではないかと思うこともあります。
でも仕方がありません。

今は15日に亡くなったりょうさんと一緒に並んでいます。
12月23日の天皇誕生日の日に我が家に来たひかりを同じ日に荼毘に付すことになりました。
写真を見るとやっぱり涙が流れるものです。

d0229501_19020807.jpg
d0229501_19025343.jpg
d0229501_19034859.jpg
d0229501_19024410.jpg
ポンがまだ野良だったころひかりと一緒に。
d0229501_19023284.jpg
今年春の写真。
d0229501_20451899.jpg
d0229501_19031809.jpg






by michikodo | 2018-12-23 20:39 | わんにゃんず | Comments(2)

りょうさん

2018.12.15 夜8時頃にりょうさんが亡くなりました。
最後に計った体重は3.4㎏。15歳。

アニメの「亀有公園前派出所」の両津警部から名前をつけました。
何となく雰囲気が似ていたのです。
それは私たち夫婦だけが感じた雰囲気だと思いますが。
りょうさんには姉妹がいます。
まだ野良猫だった時に犬のひかりの散歩に2匹でずーっとついて回っていました。
一度去勢手術をしてリリースしたのですが平成17年12月家猫に昇格。
りょうさんにはクロちゃんという姉妹と生まれた時期は遅くて他に2匹の身内がいます。
りょうさんたちの母親は友人の所へ、残ったその2匹の子猫を我が家で引き取ることになりそのタイミングでりょうさんとクロちゃんも家猫になりました。

当初私はりょうさんとクロちゃんは家猫にする予定は無かったのですが会社の旅行に行っている間に夫が後からの子猫2匹を家猫にしてしまいそれじゃりょうさんたちも入れないと可哀想となりみんなが家に入ったといういきさつ。

兄弟姉妹というものは不思議なもので他の猫たちより繋がりが強くいつも一緒でした。

りょうさんは亡くなる2・3日前ころ何となく元気が無く吐き気もあるなぁという具合でした。部屋の隅っこにばかり行く感じ。
15日は会社から戻ってりょうさんの所在を確認。2階にいました。
夜の猫たちの暖房用に湯たんぽのお湯を沸かしていた時に居間の座卓の下に潜ったのを確認。
その後その座卓から出て来て寝転がっているのを見ました。
そして静かに息を引き取ったようです。

うめちゃんたちのように闘病もなく本当に突然のことで心の準備が出来ていなかったので何度もりょうさんに「死んだの?」と声をかけてしまいました。

昨日はW様から素敵なクリスマスカードが届いたのでりょうさんのそばに飾ってあげました。
ありがとうございました。



去年亡くなったさくらと一緒の写真。
今頃さくらが迎えに来てくれているかも知れません。

d0229501_18331507.jpg
d0229501_18325909.jpg
d0229501_18325289.jpg
d0229501_18330494.jpg






by michikodo | 2018-12-19 19:18 | わんにゃんず | Comments(2)

リンク

カテゴリ

全体
ミチコ堂
花たち
畑の野菜
わんにゃんず
癌と戦った夫へ
未分類

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月

最新のコメント

> Gyamazakiさ..
by michikodo at 20:01
血尿! 心配ですね。う..
by Gyamazaki at 22:59
> Gyamaakiさん..
by michikodo at 08:04
何だか読んでいるだけで泣..
by Gyamaaki at 13:42
何だか読んでいるだけで泣..
by Gyamaaki at 13:36
> Gyamazakiさ..
by michikodo at 19:39
ブルーデージー、ビクより..
by Gyamazaki at 20:47
> Gyamazakiさ..
by michikodo at 08:11
新しい猫ちゃんが来ると、..
by Gyamazaki at 22:01
> Gyamazakiさ..
by michikodo at 08:32

ライフログ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
猫

画像一覧